宇宙の原理原則④<極性の法則>

宇宙の原理原則④<極性の法則>

古来より存在する「エメラルドタブレット」
錬金術とも言われていますが
宇宙の原理原則をまとめたものです。

そして
この宇宙の原理原則は
普遍的なものであり
現実をより良いものにしたい
自分をもっと活かしたい
と感じた時に
この宇宙の原理原則をつかって
現実を理論的に
線と線を立体的に捉えることで
目の前の現実が変化していきます。

 

4回目の今日は
<極性の法則>
です。

極性の法則
全てのモノは反対のモノを持っている・性質は同じで「程度」が違う

冷たさ・温かさは温度計のどの位置にあるかで決まりますよという事です。

冷たいがあるから温かさがあり
愛があるから憎しみ
近いがわかるから遠いと感じる

憎しみ
近い遠い
冷たい温かい

 

出来事には悪い(と感じる事)も
良い(と感じる事)も両方起きる

という事です

悪いと感じることも良いと感じる事も
実は同じ数だけ起こっているのです。
その現実を踏まえ
どちらを見ていくのか
と視点を変える事が大切です。

自分が今
どちらを見ているのか
どちらを見ようとしているのか
を意識していく。

そして必ず反対側があると視点を変えていく事です。
プラスとマイナスが反対であるから
受け取る事ができ、感じる事が出来るという事。

現実は変わらないけれども
現実をどう捉えるのかは変える事が出来ます。

 

宇宙の原理原則から学び
宇宙の源(ソース)へ繋がる
魔女覚醒学校