【魂】心の声と魂の声に違いって何なのか

【魂】心の声と魂の声に違いって何なのか

こんばんは
ヨガとヨガ哲学をベースに
身体・心・魂を繋ぐ身体調律師
丸山みおです
今日のテーマは
「心の声と魂の声の違いについて」
です。

ヨガでは「三位一体」と言われていて
身体・心・魂を繋ぐ事が大切です。

まぁ身体はわかりますよね、
目に見えるから。

じゃあ
目には見えない「心」「魂」って
どうやったらわかるのか
そんな話です。

まずは

これは毎秒毎秒、日々変化していくもの
そして感じるもの
です。
例えば
悲しい、寂しい、嬉しい、楽しい、怒りなどなど
感情とも呼ばれ
「感じるもの」

ヨガのチャクラでいうなら
第4チャクラ(胸の辺り)あたりです。

一方、

これは湧き上がってくる感覚です。
不変のもの、もの変わらないもの
ヨガのチャクラでいうなら
第2、3(子宮、みぞおち辺り)から
肚のおくから湧き上がってくる感じ。

そして魂の声が湧き上がってくる時に
何が起こっているのかというと
頭頂部にある第7チャクラを通して受け取り
第6チャクラでより具体的にビジョンとして映し出し
第2、3チャクラでから「魂の声ですよ」
とサインを出してもらう

そんな流れになります。
チャクラの場所については下記の図を参考に。
額⇒6
喉⇒5
胸⇒4
みぞおち⇒3
子宮⇒2
座骨あたり⇒1

となります

<ではその心と魂はどうしていくと良いのか?>

は目の前の出来事に反応しすぎたり、振り回されるのではなく
不安な気持ち、寂しい気持ち
そーーーんな感情を認めて感じながら
魂の声に耳を澄ませるために
「整える」


自分が生まれてくる時に
どんな体験をしようか
と決めてきている事を知っているので
そのために
必要なモノは持っている
という事に気づく事
そして
今はノイズで聞こえにくいかもしれないけれど
その声に気づく事

です。

心を整えるとは
感情を持たないことではなく
感情を自分で受け止め
自分が感じているんだと認めることです。

心を整えるには
自分を知る事

そして
自分を知るためには
まずは「自分の身体」を通して
自分と向き合う事

だから
ヨガは瞑想の一つの方法である
と言われている理由です。

◆ブログ<40代からのDETOXボディメイク
https://ameblo.jp/suzukotomama

◆メルマガへのご登録はこちら
https://resast.jp/subscribe/63392/1106795